家庭用の中性洗剤でお墓の汚れは落ちる?

6月にはいり、急に暑くなってきました。そろそろ、お墓そうじのことが頭をよぎる時期でもありますね。

墓そうじをするときに、家庭の台所用洗剤を使われている人も少なくないようですが、「毎回お墓を中性洗剤で洗っても、取れない汚れが目立ってきてしまって…」というお声も、よく耳に入ってきます。

この中性洗剤、ほんとにお墓そうじで役に立っているのでしょうか。

汚れが固着する前ならば、中性洗剤でお墓そうじも有効!

比較的、新しいお墓の墓そうじであれば、お墓の表面に付着した汚れは、中性洗剤で落とすことができます。
たとえば、付いたばかりの黄砂や粉塵などは、中性洗剤でも十分に汚れを落とせます。

しかし、この汚れが固まってこびりついてしまうと、中性洗剤ではもうびくともしなくなります。そして多くのお墓の汚れのお悩みは、この段階の場合がほとんどです。

「汚れ」は、目立つまではさほど気にならないのに、目立ってきた段階では簡単に落とせる状態を過ぎてしまっている…。そんなジレンマに襲われている人も多いのではないでしょうか。

まめにお手入れされてあるお墓であれば、この中性洗剤もある程度活躍してくれますが、年数の経ったお墓や、立地的に汚れが付着しやすい墓地にあるお墓は、なかなかこの洗剤だけでは落ちないというのが現実です。

墓石用のケミカル剤は中性ではなく、〇性が効果あり!

墓石の細孔に入りこんでしまった汚れを取るためには、中性洗剤では効果がなく、(弱)酸性のケミカル剤が効果的です。
そして、プロにお墓のクリーニングを依頼する場合は、この酸性のケミカルを使う前に、アルカリ性で汚れを中和するところから始めます。 石を傷めないために細心の注意を払うので、薬剤の使用も段階を経てクリーニングするのです。

ビフォー(左) アフター(右)

まとめ

「中性洗剤で、お墓の汚れはほんとうに落ちるのか?」

この問いに対する答えは、比較的に浅い汚れであれば落ちるが、深い汚れには効果がないということになります。

深い汚れは、「黒ずみ」「水あか」などになりますが、お墓の汚れで一番目立つのがこれらの汚れなので、一番目立つ汚れは中性洗剤では落とせないことになります。

夏の墓そうじを制する者だけが、お盆から秋彼岸の墓参りを制すると言っても過言ではない、この季節。

でも墓そうじはどうにもやる気が出ないというあなたのために、あのT.M.Revolutionの「HIGH PRESSURE」をお送りします。

これを聴いてもその気になれないあなたは、プロによる墓石クリーニングを体験をお勧めします。

そのsプロの名とは…「スナダマン!」

墓石クリーニングのお見積りは、このブログをご覧いただいた方は無料です!

LINE@なら、墓石クリーニングで使えるクーポンもあります!
友達登録後にトークで見積もり依頼してください。
メール(info@e-isiyasan.com)
からも承っております!

お墓に関するご相談は、お気軽にどうぞ!

お見積り依頼は、墓地の場所をなるべく詳しく教えてください。メールで返信ご希望の方は、メールアドレスをご入力ください(要・受信設定)。
メール送信から3日以内に返信がない場合は、お手数ですが電話でご連絡をお願いします。

*クーポン券、オリジナルニュースレター公開中!!
「LINE@」で、ぜひ友だち登録してください☆
LINE@でのご相談、お問い合わせもうけたまわります。