お墓をキレイにすることは、「懐かしさを更新すること」でもある

最近の仕事として、お墓のクリーニングや補修の見積もり依頼、施工がふえてきています。

お盆までにキレイにしたい。
四十九日の納骨までにしたい。

施工内容はそれぞれ微妙に違いますが、お墓のクリーニングを依頼する先には、みな同じ心情が根底にあるのではないかと思うのです。

それは、キレイになったお墓を見て「郷愁を更新する」こと。横文字にすると、「ノスタルジアのアップデート」でしょうか。

墓石クリーニングはお墓をよみがえらすことが目的ですが、何のためにそうするのかを考えると、若いときに墓参りしていた自分を思い出すためでもあるのかと。

もちろん古くなったお墓を直して、これからも維持したい気持ちが一番先にあると思いますが、失った時間を取り戻したい気持ちが無意識にあるのかなと、そんなことを思いました。

なぜなら、お墓そのものがノスタルジックで、郷愁を誘う場所であり、それが安心感になっていると思うから。

お墓を大切にするということは、自分の思い出やノスタルジーを大切にすることでもあると思うのです。

お墓に関するご相談は、お気軽にどうぞ!

お見積り依頼は、墓地の場所をなるべく詳しく教えてください。メールで返信ご希望の方は、メールアドレスをご入力ください(要・受信設定)。
メール送信から3日以内に返信がない場合は、お手数ですが電話でご連絡をお願いします。

*クーポン券、オリジナルニュースレター公開中!!
「LINE@」で、ぜひ友だち登録してください☆
LINE@でのご相談、お問い合わせもうけたまわります。

LINE@でスナダ石材と友達になり、トークできます!